忘れずに車検をしよう!ー倉敷市

Home > 倉敷の車検について > 車検ってどうして必要なのか

車検ってどうして必要なのか

 現代は自動車社会と言われるほど自動車の多い時代ですが、道路を走行する自動車には車検を受ける義務があります。普通乗用車を例に挙げると、新車で購入した場合の初めての車検は購入後3年目で、それ以降は2年ごとに受けるということが義務付けられています。
 もし、車検切れの自動車を公道で走行させた場合は道路運送車両法によって、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金、また無車検の場合は無保険である場合がほとんどで、自賠責保険が切れている自動車を公道で走行させた場合は、自動車損害賠償保障法によって、90日の免許停止と1年6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金という、かなり厳しい罰が科せられます。それではなぜ自動車は車検を受けなければならないのでしょうか。車検の点検項目というのは多岐にわたっています。

 まず、エンジンルーム内の主なものですと、自動車自体の舵取りとなるハンドルです。今はパワーステアリングと呼ばれているようですが、これの取り付け状態やパワステオイルの量や漏れ、スパークプラグの状態、バッテリー容量、電気配線各部の接合状態、排気ガスの状態、ファンベルトの緩みや損傷の有無、タイミングベルトの状態、冷却水の漏れ、アクセルやブレーキペダルの遊びや踏み具合とブレーキの効き具合、サイドブレーキの効き具合、エンジンオイル等、各種オイルの量や漏れの点検等があります。
 さらに足回りの方では、地面と直接接しているタイヤの磨耗状態や空気圧、ブレーキパッドの磨耗状態、タイヤホイールの状態やボルトナットの緩み、前照灯等、各灯火類の点灯状態等、その他にも数多くの点検項目があります。

 自動車というのは単に移動するためのものだけにあるのではありません。乗っている人間の命を守り、荷物等を運搬するためのもので、その役目は大変重要であると言えます。また、その走行状態によっては周囲の歩行者や自動車、建物等に与える影響も少なくはありません。よって、自動車を運転、あるいは管理する人の責任は重要で、常日頃からの点検や整備は絶対に欠かせないものであると言えます。 さらに法律でも定期的に車検を受ける義務を課しており、違反した際には罰則を課しています。自動車は動くものですが絶対に走る凶器になってはいけません。車検の必要理由は、自動車を走行させる際に、絶対に周りに悪影響を及ぼすことなく、常に安全に走行させることができるようにするためにあるのではないでしょうか。

次の記事へ